banner

無料だから安心して利用できる古紙回収業者

リサイクルの考えが浸透している昨今、古紙をゴミとして捨てるのではなく、回収してもらうことで環境保全にも繋がります。古紙には様々な種類があり、新聞、雑誌、コピー用紙やダンボールなどが挙げられます。細かく分類することで全ての紙が再生可能となり、新しい商品として生まれ変わります。紙の原料は木材であるため、リサイクルすることは木材の無駄な伐採を防ぐことに繋がります。様々なモノが溢れている時代だからこそ、それぞれがリサイクルを意識して正しく分別し、古紙回収を無料でしてくれる業者に依頼をしましょう。

しかし少しでも禁忌品が混入してしまうとリサイクルできなくなる可能性があります。そのため、無料の古紙回収業者に依頼をした際には責任を持って分別する必要があります。禁忌品とは、リサイクルに適さない異物のことを指します。よくある例として汚れが酷い紙、油が付いている紙、濡れている紙などが挙げられます。知らないまま回収すると後から業者に迷惑をかけてしまうこともあります。古紙回収を無料で依頼するのは良いですが、依頼をするからにはしっかり分別をし、禁忌品を出さないように注意が必要です。

今は無料で古紙回収してくれる業者が増えています。昔はちり紙交換などのサービスが普及してましたが、今はこちらから業者に連絡をして取りにきてもらうのが主流になっています。来てもらう業者を選んだら電話などで回収してほしいことを伝えて、来てもらう日を決めるだけです。自宅だけでなく会社やお店など、あらゆる場所に回収しに来てくれる業者に依頼しておけば、臨機応変に対応をしてくれます。回収してほしい古紙の量に応じて、収集車でなくトラックで来てくれる場合もあります。もちろん、業者まで持ち込む方法も可能です。

回収された古紙は、結ばれている紐などを取って細かい分別作業が行われます。紙以外の不純物を取り除き、さらに細かい種類別に分けていきます。これは手作業で行われるケースが多く、人間の目視で細かいチェックがされます。分別された古紙はプレス機で圧縮されて梱包されます。多くの業者は室内に作業場を設けているので、季節や天気に左右されることはありません。安定したペースで古紙を再利用するために作業をしています。圧縮された古紙は綺麗に整理されて国内や海外の製紙メーカーに出荷されていきます。規模が大きい業者だと無料で古紙回収をした後、自分たちで分別や圧縮、出荷まで一貫して行っています。

お知らせ

[2020年09月25日] ホームページを更新しました。

Copyright©2020【無料だから安心して利用できる古紙回収業者】 All Rights reserved.